便秘解消法

頑固な便秘解消法をお探しですか?

女性の写真

便秘でトイレにこもる女性のイラスト

  • ヨーグルトを食べても解消されない・・・
  • 便が硬くて出ない、痛い・・・
  • お腹が張って苦しい・・・
  • 子供(幼児・乳児等)が便秘で可愛そう・・・
  • 高齢者が便秘で出なく苦しんでいる・・・
  • 薬を使わずに改善したい・・・

 

などなど、便秘による悩みを抱えているのは、女性だけではなく、男性や子供、幼児、高齢者と、今では年齢を問わずに多くの人の悩みです。

 

便秘になると、なかなか出なくてお腹が張ったり、便が硬くなって痛くなったり、腹痛に襲われたりと辛いですよね!

 

長期戦略と短期戦略の画像

 

管理人も便秘になり、なかなか出せない時には、辛い思いをしています。特に便が硬くなるとお尻が痛くなります。また、吹き出物が出来たり、お肌の状態も悪くなったりと悩むことがあります。

 

 

便秘解消の方法を紹介するイラスト

便秘解消に役立つ情報を分類して紹介

指さしする男性のイラスト

色々な情報を紹介していて、逆に分かりにくいと言うことなので、ここで整理して紹介します。あなたの希望に合ったモノを選択してください。

 

 

■今すぐ何とかしたい、1秒も待てない人
今すぐという人には、マッサージがオススメです。

 

便秘に効くマッサージ

 

便秘に効果的なツボ

 

 

■根本的に改善したい人・生活習慣を見直したい人
根本的に便秘体質を改善する為には、睡眠食事運動が大切です。

 

水分補給が足りない人

 

食事を見直したい人

 

運動習慣を持ちたい人

 

 

■簡単なのが良い人
一番簡単で、しかも自然なお通じを目指したいなら、オリゴ糖です。

 

オリゴ糖で自然なお通じを目指したい人

 

 

■サプリなどの健康食品を探している人
サプリメントが好きな人には、コチラで、色々なサプリメント情報が役に立ちます。

 

便秘に効果が期待できるサプリメントの種類

 

便秘を何とかしたい人に好まれる色々なサプリの紹介

 

 

 

 

腸内環境を改善するのに効果が期待できる方法とは!?

便秘解消には、食事、飲む水の量、運動など、生活習慣、食習慣を見直すのが大切です。食習慣や生活習慣を変えるのが難しい場合には、足りないものを補うというのがラクです。

 

便秘の人は、腸内環境が悪くなっている可能性があります。腸内環境を整える為には、

  • 乳酸菌・ビフィズス菌を補う
  •  ⇒乳酸菌やビフィズス菌を補い、腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてお通じを良くする効果が期待できます。

  • オリゴ糖を補う
  •  ⇒オリゴ糖は、腸内の善玉菌の餌になり、善玉菌を増やす効果が期待できます。

  • 食物繊維を補う
  •  ⇒食物繊維を摂ると腸内の汚れを取り除いて、腸内の汚れをこまめに排泄できる効果が期待できます。

 

と言ったような事が効果が期待できます。

 

 

乳酸菌を補う

善玉菌の力の画面

腸内の善玉菌を増やし、お通じを良くする為にヨーグルトを毎日、食べている人も多いと思います。ヨーグルトを選ぶときには、腸内まで届くモノを選ぶのがポイントです。

 

安いヨーグルトの場合、胃酸に負けて、乳酸菌が死滅して乳酸菌の効果が実感できません。この為、ヨーグルトを毎日食べる場合には、カスピ海ヨーグルトのような腸まで届くモノを選ぶ必要があります。

 

ただし、カスピ海ヨーグルトのネックなのは、価格が高い点です。毎日、食べ続けると、結構な金額になります。そこで、何か良い物はないかと思い探していたところ、カスピ海ヨーグルトをサプリメントにした善玉菌のチカラを見つけることが出来ました。

 


善玉菌の力の公式サイトへのボタン

 

 

オリゴ糖を補う

はぐくみオリゴの画像

便秘解消を目指して購入する人が多いサプリメントにも色々と種類がありますが、基本的に、一番、体に優しいのが天然成分で出来ているオリゴ糖だと思います。

 

オリゴ糖は、妊娠中の人や赤ちゃんの便秘で悩んでいる人も使っているようです。(実際に、オリゴ糖を妊婦さんが使う場合は産婦人科で確認してくださいね。)

 

強力な乳酸菌サプリメントだと、効きすぎて下痢をする人もいるようです。だから、オリゴ糖は、サプリメントと比べるとカラダに優しいと思います。


 

オリゴ糖の効果・特徴とは?

オリゴ糖は、腸内で、善玉菌の餌になり、善玉菌を強く育てます。その為、腸内環境の改善が期待できます。また、オリゴ糖は、低カロリーで、低甘味なので、砂糖の代わりに使えばダイエットにも良いです。

 

そんなオリゴ糖ですが、スーパーで売っているモノは、シロップ状になり使っても効果が実感できません。結構、カロリーも高そうです。オリゴ糖で効果を実感する為には、パウダータイプの本当に、オリゴ糖のみで作られているモノを選ぶ必要があります

 

そして、胃酸に負けずに、腸まで届くと言ったことが、オリゴ糖を選ぶ場合には、最低限、必要な条件になります。

 

>>> 紹介した条件に合ったオリゴ糖の「はぐくみオリゴ」の詳細はコチラ

 

 

お茶を変えてみる

特別な事をしないで便秘の解消を目指したいという場合には、毎日飲んでいるお茶を変えるだけの簡単な方法もあります。

 

実際に、利用して効果を感じた人の写真付きの感想は公式サイトに多数掲載されています。

 

ただし、便秘解消系のモノというのは効きすぎる人と効果がないと言う人もいます


 

まずは、お試しで使ってみる

便秘の人が好んで飲んでいるお茶は、それぞれの体質によっても効果は色々です。効きすぎると下痢のようになる事もあるので、はじめて飲むときは、翌日は家にいる予定のない日の前日に飲むのがオススメです。モリモリスリムというお茶なら、かなりお得に試せるのが嬉しいところです。

 

 

公式サイトはコチラ >>>ダイエットサポートティー『モリモリスリム』

 

 

 

食物繊維を補う

食物繊維があるものを食べると便秘解消に良いと言われています。しかし、食物繊維にも種類があり、便秘の症状によって食べるモノは調整する必要があります。

 

具体的に、食物繊維の種類としては、「水溶性食物繊維」、「不溶性食物繊維」と言ったように分類することが出来ます。

 

 

 

便秘解消には、生活習慣の改善がポイント

便秘になる人というのは、体質というのもあると思いますが、体質と同じように大切なのは、食事です。
私は、食べている食べ物を意識的に変えることによってお通じが良くなったと言う事があります。

 

 

生活習慣を見直して便秘体質を改善、解消する方法

ここでは、便秘や便が硬い場合に、生活習慣を見直す方法として、水分補給、食事、運動について紹介します。

 

 

野菜とヨーグルトのイラスト

食事・食べ物は気を付けていますか!?


便秘になりやすい体質の人は、食事も注意する必要があります。体質的に便秘になりやすいうえに、便秘を促進する食べ物を食べていませんか?ここでは、便秘にを解消する食べ物、便秘になりやすい食べ物を紹介します。

 

便秘になりやすい食べ物・食材

  • 食べると便秘になりやすい食べ物には下記があります。
  • 赤ワインや干し柿などのタンニンを含む食べ物
  • カフェイン(腸が鈍くなる)
  • お肉(お肉の3倍の野菜を食べないとダメ)
  • アイスクリームなどの冷たい食べ物(腸を冷やす)
  • キュウリやナスの身体を冷やす野菜(腸を冷やす)
  • スナック菓子、ジャンクフード、揚げ物(悪玉菌を優位にする)
  • ファーストフード(食物繊維などの栄養バランスが悪い)

避けたい食べ物は、腸を冷やしたり、腸内最近に悪い物です。

 

便秘を解消しやすい食べ物・食材

便秘や便が硬い人にお勧めなのが、食物繊維や乳酸菌を多く含んでいる食べ物や食材がオススメです。

  • フルーツ類:リンゴ、バナナ、キウイ、プルーン、みかん、ドライフルーツ
  • 発酵食品:納豆、漬物、ヨーグルト、味噌
  • いも類:さつまいも、サトイモ、山芋、コンニャク
  • 野菜類:ごぼう、ニンジン。たけのこ、レンコン、セロリ、ホウレンソウ
  • 海藻類:ノリ、昆布、ワカメ、ひじき、寒天
  • キノコ類:まいたけ、しめじ、なめこ、えのき
  • 乾物類:干しシイタケ、切干大根、かんぴょう
  • オイル類:オリーブオイル
  • その他:玄米、オリゴ糖

 

以上のような食材や食べ物が便秘や便が硬い人にはお勧めです。
基本的には、食物繊維、乳酸菌があるモノを多く食べると良いです。また、オリゴ糖のように腸内で善玉菌の栄養になる食べ物もお勧めです。

食事で便秘を解消したい場合のポイント

食事の習慣を見直すのが一番、オススメな便秘解消法です。基本的に、玄米食(白米7:玄米3でも良い)にお味噌汁、漬物、納豆、キムチなどを中心とした日本人が昔から食べていた食事にすると便秘が改善しやすいですよ。

 

ただし、スナック菓子、揚げ物、ジャンクフードなどは、控えるのがオススメです。腸内環境が悪くなり、便秘になります。

 

便秘解消の為には、まずは、

  • 食物繊維
  • 乳酸菌

を摂るのが大切です。

 

食事で食物繊維や乳酸菌を摂るのが難しい場合はどうするか?

基本は、食事を見直すのが大切ですが、食事で野菜や乳酸菌が十分に摂るのが難しい場合には、乳酸菌入りの青汁がオススメです。

 

フレッシュフルーツ青汁のイラスト

 

青汁にも色々な種類がありますが、上記のフレッシュフルーツ青汁の場合には、食物繊維乳酸菌酵素コラーゲンプラセンタと沢山の栄養成分が入っています。

 

※酵素について補足&体験談
酵素は、体内で基礎代謝や消化などに必要なモノですが、年齢の経過とともに減少します。酵素を多く取ると食べ物の消化吸収を酵素がサポートするので、排便がスムーズになった事があります。

 

ただし、青汁はマズイと言ったイメージがあると思いますが、最近の青汁はマズイという程でもありません。

 

野菜不足乳酸菌不足だと感じている人は、青汁を試してみると良いかもしれませんね。フレッシュフルーツ青汁の「とくとくモニター」だと、100円で試すことが出来ます。

 

>>> フレッシュフルーツ青汁の詳細はコチラ

 

 

 

水が足りていないかもしれない画像

水分摂取量が足りていないかも!?

水お飲む女性のイラスト

 

便秘になる人、便が硬い人は、水分摂取量が足りていない可能性があります。

 

水分補給をキチンと行うことによって、体内の老廃物を排泄しやすくしたり、腸に刺激を与えることで排泄を促進する事が出来ます。

 

便秘がひどくて、水分をあまりとっていない人は、水分補給を心がけるところから便秘解消をはじめるのが一番簡単にできる方法です。

 

水を飲むタイミングと飲む量

水などで水分を補給する事は便秘解消や便が硬い人にはお勧めです。

朝起きて水をコップ1杯飲む

便秘や便が硬い人は、朝一番に水を飲むことで、腸や胃が刺激されるので便意が起こりやすくなります。もしも、冷え性の人などは、水ではなく白湯にした方が良いです。

カフェインは便秘を促進する!?

水以外でも水分補給を行うと便秘や便が硬い人にはお勧めですが、ただし、カフェインが入っているコーヒーや緑茶などは駄目です。カフェインは利尿作用があるので、とった水分が大腸まで行かずに尿として排出してしまうので、便を作る時に必要な水分は不足する事になります。また、カフェインは、はじめは腸に刺激を与える事ができますが。その後、腸が鈍くなるので注意が必要です。

1日で飲む量は!?

水は、1日で、1リットル〜2リットルは飲みましょう。これは、出来ればミネラルウォーターや蒸留水などでとっるのがオススメです。また、一度に沢山、まとめて飲むのではなく、ペットボトルや水筒などを持ち歩いて、少量を何度も分けて飲むのがオススメです。一度に大量に飲んでも尿になるだけです。こまめに分けて飲むことでカラダに吸収されます。

便秘解消に効果が期待出来る飲み物

便秘や便が硬い人にお勧めなのは、水以外には、便秘用ハーブティー、青汁、グリーンスムージーなどがオススメです。

 

■商品紹介
⇒便秘用ハーブティー、青汁、グリーンスムージー

 

 

 

運動で便秘解消を目指すイラスト

便秘に効果的な運動

ジョギングする男女の絵

便秘の解消には、食べ物や飲み物を気を付けて、腸内環境を良くする方法も重要ですが、日頃の運動習慣というのも大切です。便秘になる原因として、加齢が原因の場合があります。このような便秘は、弛緩性便秘と言われ、加齢によって筋肉の衰えが原因です。

 

便秘になりやすい人として、高齢者、妊娠中の人、ダイエット中の人が多いというのは、運動不足による筋力が弱っている場合もあります。この為、便秘を改善する為には、最低限の運動習慣は必要です。運動を行い、筋力アップをする事と同時に、血行も良くなり自律神経の作用で胃腸の動きを改善することも期待できます。

 

便秘解消にお勧めな運動

便秘解消に効果的な運動は、腹筋運動、ランイング、ウォーキングです。腹筋運動でお腹まわりの筋肉を付けます。ウォーキング、ランイング

 

腹筋運動

仰向けに寝て上半身を起こします。腹筋運動をする時は、起き上がることよりも腹筋を意識して行うのが大切です。特に、腸がある下っ腹を意識しましょう。ポイントは、体を起こすことです。仰向けの状態から上半身を起こすことで、腹筋の筋力アップだけではなく、腸を動かすことが出来るので便秘には効果的です。回数は、15回から20回をワンセットで、2回、3回行います。まとめて100回とかするのではなく、時間を置いて何度かに分けてやるのが効果的です。

足を上げる腹筋運動

仰向けに寝た状態で、両足を少し浮かせます。この状態で5秒程度維持します。これは10回程度行えばいいです。

ウォーキング

ウォーキングをして歩く事によって、脚だけではなく、腰回りやお腹まわりなどの筋肉も維持することが出来ます。この為、排便する時に必要な筋力を落とさない効果が期待できます。また、歩くことは、日々の習慣化して、継続して行わないと効果は期待できません。歩き方は、歩幅は広くして深い呼吸で、早めに歩くようにすると効果的です。

ランニング

ランイングで走ることで、全身の血行が良くなるだけではなく、筋力アップも期待できます。走っている時には、脚以外にお腹まわりの筋肉も使っているので、排泄する時に必要な筋肉も鍛える事が出来ます。ただし、ランニングがキツイと感じる場合は、ウォーキングで十分です。

 

以上のような運動が便秘にも効果的です。特に、ウォーキングやランニングを行う前と後では、ミネラルウォーターなどの水分補給は忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

 

便秘薬と医のイラスト

どうしても出ない時は便秘薬を使う!?


何日も便秘で出ない場合は、便秘薬を利用するのも良いでしょう。

 

便秘薬を使う場合の注意点

どうしても便が出ない場合は、応急処置として便秘薬を飲んで出す事も必要です。しかし、便秘薬は、溜まった便を無理やり出すだけで、便秘そのものを根本的に治療する訳ではありません。その為、便秘薬で無理やりだしていると自然に便意を感じることなくなるので、結果的に便秘が酷くなる可能性があります。

副作用にも注意

また、ドラッグストアや薬局などで販売されているアントラキノン系下剤と言われる便秘薬の中でも、特に腸を刺激するタイプの薬は副作用には注意が必要です。

 

腸を無理やり刺激する下剤を継続して使い続けると、腸が薬の刺激に慣れてきます。その結果、1度に飲む量もだんだんと増えていきます。この為、大腸の粘膜が黒ずむ、大腸メラノーシスを引き起こす可能性があります。

 

大腸メラノーシスとは?

大腸メラノーシスは、大腸の粘膜が黒ずむ症状で、自覚症状はありません。しかし、大腸メラノーシスになると、大腸の働きは、さらに悪くなります。大腸メラノーシスを治す為には、下剤の仕様を半年から1年止めると、黒ずみが徐々に消えて元に戻ります。

 

このように、下剤を使い過ぎると余計に悪化する可能性があるので注意が必要です。また、便秘にも症状によって種類があり、使うべき薬も変わってきます。ドラッグストアや薬局で購入する場合は、薬剤師に相談しましょう。出来れば、病院に行って医師に相談するのがオススメです。

 

 

この為、便秘薬である下剤を使う場合は、使う頻度を出来るだけ減らす事を目指して、サプリメントや健康補助食品、運動などで便秘の改善を進めるのがオススメです。

 

 

 

サプリメントのイラスト

便秘解消の対策


運動と食事を改善して、水分もこまめに摂る、このような事を行えば、腸内環境は改善されてきますが、それでも、ひどい便秘の人の場合には、思ったように改善しないかもしれません。

 

そのような場合には、腸内環境を整える乳酸菌サプリメントや粉末のオリゴ糖、乳酸菌入りの青汁などを利用して、腸内の善玉菌を増やし、繊維を多く摂って腸内環境を改善しましょう。

 

乳酸菌サプリメント

乳酸菌サプリメントは、ヨーグルトよりも沢山の乳酸菌を生きたまま腸に届ける事が出来ます。乳酸菌で腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善します。

乳酸菌入り青汁

食物繊維が足りていない場合は、青汁などで補うと良いです。せっかくなので乳酸菌入りの青汁を飲むと良いですよ。

粉末のオリゴ糖

オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになります。スーパーなどシロップ状のオリゴ糖がありますが、これは、実は、甘味料として作られているのでオリゴ糖の分量が30%程度で、カロリーが高いので注意です。粉末状で、妊婦、赤ちゃん、子供、高齢者などでも安心できるものを見つけたので紹介しますね。

 

 

 

サプリメントよりカラダに優しく自然なお通じで便秘解消してい!?

腸に優しいのはオリゴ糖!?

 

はぐくみオリゴの画像

便秘解消を目指して購入する人が多いサプリメントにも色々と種類がありますが、基本的に、一番、体に優しいのが天然成分で出来ているオリゴ糖だと思います。

 

オリゴ糖は、妊娠中の人や赤ちゃんの便秘で悩んでいる人も使っているようです。(実際に、オリゴ糖を妊婦さんが使う場合は産婦人科で確認してくださいね。)

 

強力な乳酸菌サプリメントだと、効きすぎて下痢をする人もいるようです。だから、オリゴ糖は、サプリメントと比べるとカラダに優しいと思います。


 

オリゴ糖の効果・特徴とは?

オリゴ糖は、腸内で、善玉菌の餌になり、善玉菌を強く育てます。その為、腸内環境の改善が期待できます。また、オリゴ糖は、低カロリーで、低甘味なので、砂糖の代わりに使えばダイエットにも良いです。

 

そんなオリゴ糖ですが、スーパーで売っているモノは、シロップ状になり使っても効果が実感できません。結構、カロリーも高そうです。オリゴ糖で効果を実感する為には、パウダータイプの本当に、オリゴ糖のみで作られているモノを選ぶ必要があります

 

そして、胃酸に負けずに、腸まで届くと言ったことが、オリゴ糖を選ぶ場合には、最低限、必要な条件になります。

 

 

>>> 紹介した条件に合ったオリゴ糖の「はぐくみオリゴ」の詳細はコチラ

 

 

 

 

まとめ


まずは、出来るだけ早く効果を期待している場合には、マッサージやツボ押しを行います。
そして、根本的に便秘解消をする為には、生活習慣として食事や運動を見直す必要があります。
そのうえで、早く改善したい場合には、サプリメントや青汁などを取り入れると、より効果が出るようになりますよ。

 

 

 

私の行った改善方法


便秘改善の為に私が行って、一番よかった食事療法、運動を紹介します。

 

腸内環境を改善させるために取り組んだ食事

朝の食事

カスピ海ヨーグルト、リンゴ半分、ほどよく温めた豆乳です。豆乳は、オリゴ糖を入れると飲みやすいですし、便秘にも良いです。

昼の食事

好きな物を食べる。

晩の食事

お味噌汁、納豆、キムチを出来るだけ食べるようにする。お味噌汁は、ほぼ毎日、丼一杯の分量で、野菜と海藻の具だくさんにしました。それで、納豆かキムチのどちらかは食べます。あと、食前にキャベツ、人参などの野菜を欠かさず食べました。

 

以上のように、朝食は慣れないと少ないのでお腹すきますが、豆乳を多めに飲んで調整します。お昼に好きな物を食べるのでストレスにはなりませんでした。晩御飯は、味噌汁を丼一杯だと、お腹が一杯になるのでダイエットにも効果的でした。

 

ただし、ヨーグルトや野菜を用意するのが面倒になったので、乳酸菌サプリメント、酵素サプリメントや青汁などを使うようにしました。継続する為には、普段の食事を見直しつつ、継続が難しい場合は、サプリメントなどで補うのが大切ですね。

 

沢山は食べないようにした食べ物

スナック菓子やインスタント食品などの栄養バランスの悪い物、また、悪い脂が使われている物は控えます。この為、揚げ物は出来るだけ食べません。

 

実際に行った運動運動

1回、20分以上のウォーキングを週3回、4回行いつつ、毎日、腹筋運動をしました。三ヶ月ぐらい経過したら、腹筋は、週に2回、3回に減らしました。

 

 

 

便秘解消に役立ちそうなアイテムのイラスト

便秘を解消・改善するオススメなアイテム!


食事や運動、マッサージ、ツボなど、普段の生活習慣を見直して、便秘の解消を目指すのは非常に大切です。しかし、より早く便秘の解消を行いたい場合には、腸内環境を整える為にも乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などをサプリメントや青汁などの健康補助食品を活用するのがオススメです。

 

乳酸菌とケフィアの力  乳酸菌食物繊維オリゴ糖を配合
★お勧めポイント

乳酸菌食物繊維オリゴ糖1度に手軽に取れる

 

乳酸菌とケフィアの力の写真

 

善玉菌を増やすのに効果的な乳酸菌食物繊維オリゴ糖3つが揃っているのが乳酸菌とケフィアの力です。さらに、体内の善玉菌をサポートする「ラクトフェリン」もプラスされることで、より、毎朝のスッキリ、綺麗習慣をサポートしてくれます。

 

乳酸菌とケフィアの力は、公式サイトから購入すると、定期購入を選択した場合には、初回半額で、送料無料で試す事が出来ます。

 

 

>>>乳酸菌とケフィアの力の詳細・口コミはコチラ

 

 

 

 

カイテキオリゴ 赤ちゃん・妊婦さん・高齢者にも信頼の品質!

カイテキオリゴの写真

 

日本一売れているオリゴ糖です。複数のオリゴ糖が入っているので、腸にいる様々なビフィズス菌をほぼ全てをまんべんなく活性化することが出来るので効果が期待できます。

 

また、ほぼ純度100%の高品質なオリゴ糖食品で、妊婦さん赤ちゃん高齢者の人も含めて家族みんなで利用することが出来ます。

 

定期コースを利用すると最大20%OFFです。また、はじめての人でも安心して試せる全額返金保証が付いています。

 

 

>>>カイテキオリゴの詳細と口コミはコチラ……

 

すっきり小粒 安い価格で試したい人向け!

すっきり小粒の写真

 

すっきり小粒は、アロエ食物繊維オリゴ糖ケツメイシなどのお腹を健康にする厳選した天然由来原料が使われているので、自然なチカラで毎日をスッキリできるようにサポートします。

 

また、スッキリ成分だけではなく、綺麗を目指している女性に嬉しい、アミノ酸ビタミンCクエン酸などの美容成分も配合されています。

 

はじめての人でも気軽にはじめれる送料無料500円で試す事が出来ます。

 

 

>>>すっきり小粒の詳細と口コミはコチラ……

 

青大豆と乳酸菌のすっきり青汁 食物繊維の不足を感じる人にオススメ!

青大豆と乳酸菌のすっきり青汁の写真

 

食物繊維の不足が気になる人は、青大豆と乳酸菌のすっきり青汁がオススメです。青大豆ケール抹茶大麦若葉ボタンボウフウ(長寿草)食物繊維素材が配合されています。

 

さらに、腸内環境を整える効果が期待出来る乳酸菌ビフィズス菌配合しています。乳酸菌の善玉菌は120億個、ビフィズス菌の善玉菌は13億個と凄い沢山入っています。

 

この他にも東陽健康素材として、クマザサ、明日葉、桑の葉、霊芝が配合されています。このように、ヨーグルトを食べる必要がないぐらい、青大豆と乳酸菌のすっきり青汁は、食物繊維乳酸菌ビフィズス菌が沢山入っています。

 

 

>>>青大豆と乳酸菌のすっきり青汁の詳細と口コミはコチラ……

 

 

 

便秘や睡眠改善、健康維持なども同時にどうにかしたい・・・?

ミネラルをまとめて補充して、体ごと健康になる事を目指す!

 

海ひとしぼりの画像

便秘の改善を目指すというのは当然ですが、疲れやすくなった、寝起きがどうも…、もっと健康維持をしたいと言う場合には、ミネラルを摂ると良いとも言われています。

 

昔話題になって、今でも飲んでいる人が多いと思いますが、「海洋深層水」というのがありました。高知県の室戸などの海の深いところからくみ上げて販売されています。

 

海洋深層水は、色々なミネラルが豊富に摂れると言うことで、カラダを健康にすると言った点で、話題になりましたが、便秘にも良いみたいですね。

 

私も昔、飲んだことがありますが、海の水なので、私は美味しくなかったので続きませんでした。それが、今ではサプリメントとして販売されているようです。それが、「海ひとしぼり」と言ったサプリメントです。

 

 

>>> 海ひとしぼりの詳細はコチラ.

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサージとツボで今すぐ便秘を何とかしたいの画像

 

便秘解消したい人のお腹への便秘に効くマッサージ


便秘解消の為の自分でお腹をマッサージする方法を紹介します。マッサージの目的は、腹部を温めたり、刺激する事で、腸の動きを活性化するのが目的です。

 

腸をマッサージする事で、自律神経の副交感神経が活発になります。この副交感神経が活性化する事で、腸の活動が活性化されます。

 

ただし、便秘の種類によっては、逆に便秘を悪化させる可能性があるので、その場合はマッサージはやめましょう。

 

腸のマッサージを行わない方が良い人

妊娠中の人や腸や内臓に炎症や病気を持っている人、腹部に痛みがある人などはマッサージを行わないでください。また、病院に通っているような人などは、医師に相談してから行うようにしましょう。例えば、盲腸になっている人は絶対に禁止です。便秘以外元気な人が行うのが便秘に効くマッサージです。体調に合わせて自己判断で取り組んでくださいね。

 

便秘の人にオススメなマッサージ画像

1-1.お腹の円運動マッサージ:腸を動かす


腸の円運動のマッサージの図
マッサージを行うときの姿勢は仰向けです。基本的に薄い服起きていればいいです。裸で行う場合はマッサージ用のクリームなどを使います。
マッサージを開始する位置は、オヘソ周辺から行い、「の」の字のように、腸の形に合わせて行います。オヘシの周辺→右下→右上(アバラの5センチ下)→真横に手を動かす。→下に移動し、肛門の方へ移動します。

 

ポイントは、ゆっくりと優しく撫でるようにおないます。軽く押しながら「の」の字のように動かします。回数は10回から30回、体調に合わせて行います。

 

 

1-2.凝りのある部分を集中的マッサージ:凝ってる部分を集中


腸の集中マッサージの図
腕の動きは、「1-1.お腹の円運動マッサージ」と同じです。ただし、お腹に張があるある部分を探しながら行います。張がある固いことろえお見つけたら、そこを入念に優しくマッサージしてほぐします。ほぐす事で暖かくなってきます。温めて腸の活動を良くします。

 

 

1-3.腰から暖めるマッサージ


便秘の背中のマッサージの図
立った状態で背中を伸ばします。腰の下から背中にかけて両手でさすります。手のひら、指で背中から腰に掛けて包み込むように動かすのがポイントです。この方法は、腸への刺激を与えるのではなく、温めて血行を良くするのが目的です。

 

1-4.下腹部のS字結腸を刺激するマッサージ


下腹部のS字結腸を刺激するマッサージの図
便秘の人が、便が一番溜まりやすいのが、腸の下のS字になっている部分です。この為、腹部の左下から腰骨の内側を軽く押してマッサージします。

 

仰向けに寝た状態で行う事で、お腹の張っている部分が分かりやすくなります。片手の親指以外の指で軽くおして、逆の手は添えて20回程度押しながら、徐々に斜め下に降りて行きます。20回押して、少し下に手をおろして足の付け根まで行きます。これをワンセットとして10回程度繰り返します。

 

 

便意を促進するお尻刺激のマッサージ

上記のマッサージをしても効果が無い場合は、さらに、便意を促進する為にお尻を刺激するマッサージ方法を紹介します。

 

うつ伏せに寝て、ヒザをまげて足を動かします。そして、かかとでお尻を価格叩きます。足を交互に動かせてお尻に当てます。この刺激で便意が起こりやすくなります。

 

お腹が張ってガスが溜まっている場合のマッサージ

便秘の人のガスが溜まってお腹が張る場合のマッサージの図
お腹が張って、ガスが溜まっている場合は、このマッサージ方法を試してください。溜まったガスが出やすくなります。お腹の張りを改善するのと同時に、便秘の解消にも役立ちます。

 

オナラの原因は、腸内にある老廃物が原因です。オナラが有毒ガスとして腸内に溜まっていると、善玉菌が弱るので、悪玉菌が優位になりやすいです。この為、オナラであっても出しておくのが腸内環境の改善、便秘やお腹のハリの改善にはお勧めです。

 

お腹の張りを改善するマッサージの方法

姿勢は仰向けに寝て、ヒザを曲げておきます。お腹の張りを改善するマッサージは、上記の写真の通りに@→A→B→C→Dと言った順番に押していきます。@版から順番に押すことで、腸の中から肛門に向けてガスを移動させます。

マッサージのポイント

お腹を押すのは、ゆっくりとジックリと押していきます。呼吸は腹式呼吸をして、息を吐くときに両手の指で押します。

 

マッサージ後には水を飲む

マッサージが終わったら体内の老廃物の流れを良くするために、常温の水を一杯は飲みましょう。

 

 

以上が、私が、便秘になった時に行うマッサージです。個人的に、色々と学んだり、教えてもらった内容で、私が利用している方法を紹介しました。参考にしてくださいね。ただし、ここで紹介した方法、他のサイトで紹介している腸のマッサージ方法については、妊婦の方が行うのはもってのほか、言うまでもありませんが、炎症や病気がある人、痛みを感じる人などはやらないでくださいね。そのような場合は、病院に行って医師に相談しましょう!

 

 

 

便秘に効果的と言われているツボ

便秘の人にオススメなツボ画像

 

便秘で便が出ない時に、体のツボを押すことで、便秘解消が期待出来るツボを紹介します。
なかなか便秘が解消されずに困っている場合には、食事、運動、マッサージに加えてツボも活用すると良いです。

 

手のツボ

手のツボは、どこでも指圧する事が出来るのが特徴です。通勤中やトイレの中など、ちょっとした空き時間にでも手のツボを指圧する癖をつけましょう。手のツボは左右の両方に同じ場所にあります。

合谷(ごうこく)

手の合谷のツボの位置の写真
合谷(ごうこく)のツボは、手の甲側の親指と人差し指の付け根の中間のにあるツボです。骨と骨の間にあり、指で指圧すると分かりやすいです。この合谷(ごうこく)のツボは、万能のツボとも言われており、便秘以外には、肩こり、眼精疲労、頭痛、歯痛などにも効果的と言われています。押すときは息を吐きながら押すと良いです。

神門(しんもん)

手の神門のツボの位置の写真
神門(しんもん)のツボは、手のひら側の手首の付け根、小指側にあるツボです。骨と筋の間にあります。グリグリと親指で押すと良いです。押しにくい場合は、ボールペンなどを使うと良いです。
神門のツボを指圧する事で期待できる効果は、心臓や精神状態に深くかかわっているツボで、便秘以外には、ストレス、不眠、心臓の経路、味覚症状などに期待出来るツボです。

 

腕のツボ

腕のツボは、左右対称になっているので、交互に押すと良いです。

支溝(しこう)

腕の支溝のツボの位置の写真
支溝(しこう)のツボは、手の甲側の手首とヒジの間ぐらいの2本の骨の間にあるツボです。親指や人差し指で少し強めに、1回、10秒押すと良いです。押す回数は5回、6回が目途です。支溝のツボは、便秘の名穴とも言われ、痔にも効果が期待できます。便秘や痔以外で期待出来る効果は、耳鳴り、めまい、心筋梗塞、頭痛、皮膚病などです。

 

足のツボ

三陰交(さんいんこう)

足の三陰交のツボの位置の写真
三陰交(さんいんこう)は、足の内側でくるぶしから指4本分上の当たり、すねの後ろのくぼみになっている部分です。押し方は、親指を左右に動かしながら、くぼみのあるツボの部分を指圧するといいです。押す時間は2分、3分程度行うと効果的です。三陰交のツボは便秘以外には、流産防止、イライラ、更年期の女性のホルモンバランスを整える、腰痛、足の冷えなどに効果が期待できます。

 

足三里(あしさんり)

足の足三里のツボの位置の写真
足三里(あしさんり)のツボは、すねの外側で、膝から指4本分程度下にあります。押し方は、親指や中指などで、グリグリと押すと良いです。
足三里の期待出来る効果は、便秘以外にも胃に関連する胃痛、胃炎、胃もたれ、下痢、食欲不振、腰痛などです。

 

お腹のツボ

天枢(てんすう)

お腹の天枢のツボの位置の写真
天枢(てんすう)は、おへそから指、2本、3本分横にあるツボです。押し方は、親指以外の指で左右のツボをまとめて押します。お腹を軽くへこますように指圧します。天枢のツボは、便秘以外にも下痢など、な依存の働きを良くする効果が期待出来るツボです。

 

大巨(だいこ)

お腹の大巨のツボの位置の写真
大巨(だいこ)のツボは、天枢(てんすう)のツボから指3本程度下にあるツボです。このツボを押す場合は、左右のツボを同時に親指で押すと良いです。押すときは、息を吐きながら10秒程度、4回、5回繰り返して押します。

 

背中のツボ

便秘点(べんぷてん)

背中の便秘点のツボの位置の写真
便秘点(べんぷてん)は、肋骨の下から指2本ほど下で、背骨から外側に4本ほど離れた位置にあります。便秘点と言った通り、便秘への大きな効果が期待出来るツボです。便秘で悩んでいる場合は、最初に試すのがオススメなツボです。押し方は、手の平は、脇に沿って、両手の親指で、2つのツボをまとめて押すと良いです。便秘以外にも腰痛にも効果が期待できます。

 

大腸癒(だいちょうゆ)

背中の大腸癒のツボの位置の写真
大腸癒(だいちょうゆ)は、腰のあたりにあるツボです。ベルトをするラインで、背骨から指2本程度横にあります。大腸癒という名前の通り、大腸を癒すことから、大腸への効果が期待出来るツボなので、便秘や下痢、腰痛、座骨神経痛などにも効果が期待できます。

 

 

ツボを押す場合の注意点

妊婦さんは控えましょう。どうしてもツボを押したい場合は医師に相談してください。また、お酒など、アルコール飲料を飲んでいる時も血行が良くなっているので、効きすぎると危険なのでやめましょう。また、子供や高齢者で便秘に悩まされている人も多いと思います。子供や高齢者の場合は、若い人に行う場合よりも優しく指圧するようにしましょう。この他にも怪我をしている場合や火傷をしている場合など、何かしら怪我や病気などがある場合も注意が必要です。

 

 

 


 

頑固な便秘をすぐに解消する方法をお探しのあなたへ。女性、男性はもちろん、高齢者から幼児、乳児、子供まで安心して便秘を解消する為の薬、食べ物、食材、水やお茶などの飲み物などの便秘改善に役立つ方法から下剤の副作用、便秘の原因、効果的な対策を紹介